モバイルサイト
白内障 診療科目
白内障とは
白内障は眼球内の水晶体(カメラでいうレンズ)が混濁することにより視力低下やかすみ等を生じます。有効な治療法としては現在のところ手術しかありません。
白内障手術
当院で行っている手術は我国における最高水準であると自負しており、その手術を維持すべく日々努力しております。以下に当院で行っている標準的な白内障手術の術式についてご説明いたします。
1.麻酔:点眼麻酔(4%キシロカイン) 2.切開:耳側角膜切開(3mm) 3.前嚢切開 4.核処理:フェイコチョップ法により核をスムーズに処理します。 5.皮質吸引 6.眼内レンズ挿入(通常3〜4分で終了します。) 眼内レンズ

点眼麻酔のみで行いますが特別な痛みは生じませんのでご安心下さい。

使用する器械は最新型AMO社製ソブリン及びNIDEK社製CV24000です。

使用する眼内レンズはテクニス(AMO社製)、SA60AT(アルコン社製)、VA60(HOYA社製)